梁鍼灸治療院-身体のお悩みを原因から、しっかり鍼灸治療します。
反応点治療研究会 講習会のご案内
HOME»  メディア紹介

悩みの種だっためまい、肩こり、片頭痛が耳の下さすりをしたら一挙に改善!

会社員・38歳 長野陽子(仮名)

頭痛薬でその場をしのいでいた

私が、梁茂寛先生の治療院に通うようになったのは、今年の1月のことです。
姉が、先にお世話になっていました。
私も、鍼治療に関心がありましたから、悩まされている肩こりを治してもらおうと思って、治療院を訪れたのです。

治療前に、めまいの話になりました。
私はここ2~3年、肩こり以外に、めまいでも苦しんできました。
そこで、めまいも治療してもらうことになったのです。

梁先生のところでは、反応点を使った治療を行っています。
体のどこかに不調があると、それが、皮膚の特定の場所に反応点として現れてくるのだそうです。
そこで、その反応点を刺激することで、体の不調を改善しようとする治療法です。

私の場合、耳の下の内耳点(ないじてん)と呼ばれる反応点や、目の下(鼻の横)の反応点などを中心に治療が行われました。
先生からは、自宅でも反応点をさするセルフケアをするといいですよと言われました。

そこで、「耳の下さすり」などを続けたところ、まず肩こりがらくになり、続いて、めまいも徐々におこりにくくなってきました。
そして約1カ月でほとんどめまいは怒らなくなったのです。

この二つの症状以外に、片頭痛も、私の悩みの種でした。
めまいがしばしば生じるようになったころから、片頭痛も頻繁に起こるようになりました。
突然、頭がズキズキと痛みだすのです。
これまでは、市販の頭痛薬を飲んで、なんとかその場をしのんできました。

それが、耳の下さすりなどを行っていると、いつの間にか、片頭痛も起こらなくなっていました。
こうして、私の悩みの種が一挙に改善できてしまったのですから、梁先生には本当に感謝しています。

 

院長からの一言

梁鍼灸治療院院長 梁茂寛

鼻粘膜の炎症が肩こりの原因になる。
耳の下にある反応点は、耳の機能に問題が生じると、反応が現れる場所です。
特に内耳には、平衡感覚をつかさどる三半規管などの重要な器官が存在します。
そこで、耳の下さすりで平衡感覚を調整することによって、めまいを改善する効果が期待できます。

肩こりや頭痛の原因となっているのが、鼻炎などがきっかけで起こる鼻粘膜の炎症です。
患者さんも気付いていないことが多いのですが、鼻粘膜に炎症があると、それが肩こりや頭痛の隠れた原因となるケースがしばしばあるのです。

そこで、鼻粘膜の炎症の反応点が現れる鼻の横(目の下)を刺激することによって、肩こりや頭痛などを軽減させられるのです。

▲記事の一覧に戻る
 

手術を勧められたひざ痛が耳の下さすりで杖なしで歩けるまでに回復し手術を回避!

会社員・40歳 原塚聡美(仮名)

リハビリ治療ではよくならなかった

ひざに痛みが起こったのは、去年の2月のこと。
横座りしていて立ち上がろうとしたら、右のひざがグギッとなって痛みだしました。
整形外科を受診すると、ひざの半月板が断裂しているという診断で、本当に驚きました。
リハビリ治療を受けましたが、いっこうによくなりません。
医師は、手術の可能性を口にし始めましたが、手術は受けたくありませんでした。

困り果てた私は、梁茂寛先生を訪ねたのです。
梁先生は、反応点の治療を行っています。
私の場合、耳の下の内耳点という反応点と、下腹部にあるひざ痛の反応点などを刺激しました。

さらに、梁先生からは、「これからの反応点を自宅でも刺激したほうがいいですよ」とアドバイスされました。

そこで、私は主に寝る前に、これらの反応点をさするようにしました。
また、休みの日には、テレビを見ながら、刺激を行うこともあります。
ときには、30分くらいさすることもありました。

それまでは、杖を使わないと、ほとんど歩くことができませんでした。
しかし、刺激を続けていたところ、1カ月たつころには、杖なしで歩けるようになったのです。
さらに、去年の終わりには、軽く走れるまでになりました。

現在は、急いで信号を渡るときに小走りするくらいの速さなら、走れるまでに回復しています。もちろん、痛みはまったくありません。

まだ全力疾走したり、正座したりはできないものの、よくここまでよくなったなあ、とも思うのです。

よくなるかどうかもわからないまま、危うく手術を受けてしまいそうになっていました。
手術を選択せず、今の状態まで改善できて、本当によかったと心から感謝しています。

 

院長からの一言

梁鍼灸治療院院長 梁茂寛

反応点への刺激でひざ痛が大きく改善。
反応点治療の考え方では、下腹部の臓器に炎症があったり、働きが悪くなったりすると、それが、ひざ痛の隠れた誘因となると考えています。
例えば、子宮に炎症があると、腰部や臀部、大腿部の筋肉が緊張して、こわばります。
その結果、O脚となり、ひざ痛を引き起こす大きな要因となります。
下腹部の臓器の反応点に刺激を与えると、下腹部の臓器の炎症を改善できるので、ひざ痛が改善するのです。

耳の下の内耳点は、平衡感覚を整えるのに重要な場所。
ここへの刺激によって、人はバランスよく歩くことができるようになり、ひざへの負担が減るのです。
それぞれの反応点への刺激によって相乗効果が生まれ、それがひざ痛の大きな改善をもたらしたのだと考えられます。

▲記事の一覧に戻る

 

グルグル回るめまいと頭痛、胃のむかつきが耳の下さすりで治まり大感謝!

パート業員・大内花子(仮名)

フルタイムで仕事ができる

9年前の夏に、ひどいウィルス性大腸炎にかかりました。
始めたばかりの派遣の仕事も、そのせいでやめざるを得ませんでした。
そのときから体調がすぐれず、秋になると頭からおなかにかけて、ひどい不快感に悩まれるようになりました。

船酔いしたように、グルグル回るめまいと頭痛がし、胃はムカムカします。
夏に仕事を辞めて以来、このような調子で就職活動もできませんでした。

内科で検査をしましたが異常は見つからず、医師には「たいしたことない。気にしないように」と言われ、胃薬を処方されただけでした。

しかし、めまいも気持ち悪さも治らず、再び内科を訪れました。
そのとき、レントゲンを撮ってくれたのが、河村廣定(かわむらひろさだ)先生の「内耳点」を治療に取り入れている、梁茂寛先生だったのです。

先生は、私の首や肩に触れると、「これは大変そうですね」と言い、耳の下を刺激すると、めまいの症状の解消によいと教えてくれました。

その後、耳の下に数回にわたり鍼を打ってもらおうと、徐々にめまいと気持ち悪さが解消し、1~2週間で体が戻って動けるようになったのです。

ちょうど、遠方に住む友達の家にバスで行く予定があったので、体調が落ち着き本当にホッとしました。

その後も、冷えたなどで体調が悪くなると、たびたびめまいが起こりました。
しかしそのたびに、自分で耳の下をさすってケアをしています。

私は、耳の下を専用のローラーのようなもので刺激しますが、手で行ってもよいそうです。
数分間さすると、目が回るようなめまいが軽くなり、船酔いのようなムカムカ感が落ち着きます。

今は、月曜日から金曜日まで、フルタイムで窓口業務の仕事をしています。
めまいがひどく、仕事もできなかったころを思い出すと、今の現状が信じられないと同時に、とてもありがたく感じます。

まだ、完全に治ったとは言えませんが、それでも、めまいがしても改善法がある、そう思うと、とても安心して毎日が過ごせます。

▲記事の一覧に戻る